体感メモ 2012/01/28 (01/29追記)

【28日 23:55】
複数の方から拍手コメントなどにご連絡いただいていました。
更新がないことでご心配をおかけしていたようでごめんなさい。

うまく言い表せないのですが、連日体感強くて
意識を向けるとよけい動けなくなってしまうので
あまり意識しないようにつとめていました。

このところM5クラスの強めの動きが立て続けに起こっていますが
ここ数日鼓膜の振動も連日のように感じています。
いつもであれば鼓膜の振動は国内M6前後からそれ以上、海外ではM6.5からそれ以上の地震か噴火などの火山活動の前にあるのですが
最近はM5クラス前半の規模でもそれがあることにかなり違和感を感じていました。
水面下で大きな動きが進行しているようで…
今朝の富士五湖震源の動きで昨年10/8に見ていた夢を思い出しました。
この夢を見た2日後にまるでそれを暗示するかのように山梨県東部・富士五湖で深さ10km M3.3 震度3の動きが起こっていました。
気象庁は今日の会見で東海地震、富士山噴火との関連性はないとしていましたが…

先ほど23:40過ぎからまた鼓膜にブルブルとした強い振動を感じ始めています。
引き続き強い動きに注意かと思います。

いつもならおもな地震情報や空の画像なども入れるのですが
そこまでの気力がなくて簡単でごめんなさい。




--------------------------
【29日 11:33追記】
上記の地震を受け昨日首相官邸の危機管理センターに情報連絡室が設置されていたということで
今朝ご連絡いただきました。(さとさんありがとうです。)
山梨の地震で情報連絡室=政府(2012/01/28 08:15配信)

上でもリンク貼ってますが、昨年10/08の夢の中で見ていた(以下一部転載)

そこには「震度5弱 富士○○(富士宮市?)」とあり、そのすぐ横に「今後の情報には十分ご注意ください。政府重要警戒情報 第○○号(数字は忘れました。)」と書いてありました。
なぜかそこに気象庁などではなく「政府」の文字があったので(実際にはこういうのはないとは思いますが…)これはただ事ではないなというのと同時に
第○○号というところから既にもう何回か同じ場所で動きが続いていたってことか…と思い


これが現実味を帯びてきたようにも思えています。
あ、それと、ずっと気になっていたのですが…
その中で見た画面のテロップの富士○○という地名なんですが、
とにかく「富士」の文字だけが強く印象にあったので
よく耳にしていた「富士宮市」と思ってしまったのですが、
もしかしたら「富士吉田市」だったかもしれないと思っていました。

ああ…こうして書いている今もまた…
ブルブルと鼓膜が振動してます。

体感メモ 2012/01/19 (01/29追記)

【19日 13:38】
前回の更新からバタバタしているうちに一週間経ってしまいましたが、
前回更新の12日のあたりはあちこちの音が頻繁に入れ替わりながら連日大きく聞こえてダウンも続いていたので
強い動きが控えている事を感じ、音の状態などからも国内周辺での動きを心配していました。
連日のダウンは3・11の前にもあり、一週間以上もそれに見合うような動きがなく
なんだろう、なんだろう…と思っているうちに自分の体がおかしくなったのかと諦めてしまったということがありましたから
今回も2~3日のうちにそれらしい動きがないようなら危ないかな…と思い12日にそのように書いていました。
結果としてはそれから3日後の15日に
2012/01/15 22:40(UTC 13:40) サウス・シェットランド諸島 SOUTH SHETLAND ISLANDS 深さ10km M6.6
2012/01/15 23:21(UTC 13:40) サウス・シェットランド諸島 SOUTH SHETLAND ISLANDS 深さ14km M6.2
ということで、思っていたよりも規模は小さめでしたが動きがありました。

以前から見てくださってる方はご存知かと思いますが、
私の体感は距離感がほとんどありません。
海外、遠方でも国内とあまり変わらず感じます。
よく地震関係の掲示板などで「国内の地震ならまだしもそんな遠くのものまで感じるということはありえない」などと書かれていたのをみたことがありますが
理屈抜きで感じてしまうのですからしょうがないんです。
何事も科学的にみて云々…となにかしらそこに理屈がつかないものは否定するという方がいますが
そのような「知識が全て」と思っているような科学信仰者に対しても見えない世界の者たちは抗議の動きを起こしているようですよ。
あとは、自らを神と崇めさせ多くのものを支配している者に対しても。
なぜ、こんなことを書いているかというと…

続きを読む »

体感メモ 2012/01/12 (01/19追記 サウス・シェットランド諸島 M6.6,M6.2)

【12日14:37】
12:20に福島県沖 M5.8 震度4ということで
昨日午前のダウンに関係していたと思われる動きがありましたが
(と書いているうちにまた今東北で動きがあったようですね。)
今日も一昨日、昨日に引き続き午前中、10時過ぎからダウンしました。
半分目覚めながら両耳に音が強く聞こえているのに気付き「嫌だなぁ…聞きたくない…」と思っていたら
強い動きの前にある鼓膜の振動が左耳にブルブルッときて、でもそれはさほど継続することなく終わりました。
「仕事あるからもういい加減起きなくちゃ…」と思いながらも体が重くてなかなか起きられずにいたら
上記地震のエリアメールで飛び起きました。
今日午前のこのダウンについてはこれから起こるものと思われます。

どうも隠れた強い動きにあちこち刺激されているのか
このところあちこちの音が頻繁に入れ替わり聞こえているので
どんな音がしていたかはあまりあてにならないようにも思いますが、
今朝は東北方面の音、先ほどダウン前には途切れる南方・遠方の音、ダウン中には関東圏の連続音、その後北海道もしくは関東以西と思われる左耳の音、で、13時頃に気付いた時には音が低下して聞こえなかったのですが
それもつかの間でまた14時頃から音&圧が強まり今強烈になっています。
どこが動くのかまったく見当付きませんが強い動きがまた控えているのは確かなようです。
ホント、なんじゃこりゃ~。
動悸もありまたちょっと横になりたい感じになってますよ…
連日のダウンで精神的にも疲れ気味になってきててなんだかだんだんどうでもよくなってきてます。
(この投げやりモードがまた強い動きの前の特徴でもあるんですけどね…)

これでここ2~3日以内にすぐ動きがあるうちはまだマシかな。
もし、動きがなかったら…そのときはマズイかな…という気もしてます。




--------------------------------------------
【19日 12:16追記】
上記体感から3日後の発生でした。
2012/01/15 22:40(UTC 13:40) サウス・シェットランド諸島 SOUTH SHETLAND ISLANDS 深さ10km M6.6
2012/01/15 23:21(UTC 13:40) サウス・シェットランド諸島 SOUTH SHETLAND ISLANDS 深さ14km M6.2

体感メモ 2012/01/11 (01/12追記 福島県沖 M5.8)

【11日 18:28】
一昨日、9日の更新で強い音の音質がコロコロと変化していることをメモしていました。
以前から強い震源があるときはそれに刺激されるようにあちこちの音が大きく聞こえる傾向にあるのですが
今日日本時間の午前3時37分にスマトラ北部海岸付近でM7.3の動きがありましたのでその影響だったようです。
また、昨日は午前9時頃から鼓膜の振動がありお昼前頃までダウンしました。
9日就寝前と10日起床時に途切れる音が大きく聞こえていたことや9日の右手首のサインがはっきりしていたことなどから南方、遠方での動きかな…と。

で、気になるのは昨日に比べるとやや軽いですが今日も午前11時頃から1時間ほどダウンしたことです。
そして、昨日メインで聞こえていた途切れる音とはまた違う音が今日はメインになっています。
昨日に引き続き今日もまた頻繁に音が変化しています。
その中でも気になっているのが伊豆・小笠原諸島方面と関東以西と思われる音ですが、
その他に関東圏と思われる連続音、南方・遠方と思われる途切れる音、長野・新潟と思われるような音といろいろ入れ替わっています。
そして圧の強弱の波が激しい感じもあります。
やっぱりどこが動くのか見当つかない状態ですが
動悸も出てきていて強めの動きが近々またありそうな気配です。

現在までに感じたサインは左薬指と右手首です。


----------------------------
【12日 14:33追記】
その後の動きは
2012/01/12 12:20 福島県沖 深さ20km M5.8 震度

音が頻繁に変化しているときは震源の特定が難しいというのを改めて感じます。
上に書いてあるように昨日左薬指(東北を表す)のサインはかろうじてあっていたようですが…

体感メモ 2012/01/09 (01/11追記 インドネシア 北スマトラ海岸付近 M7.3)

【09日 23:58】
前回7日の深夜、午前1時頃に更新していましたが
その後現在まで目立って聞こえる音が頻繁に変化しています。
7日の午後気付いた時には福島・茨城方面と思われる音が強く
8日の朝は左耳のシーーーンという音。(左耳なので北海道か関東以西~四国・中国までのどこかと思っていましたがのちに9日00:37和歌山県北部 M4.7がありなるほど。と。)。
昼にはまた福島・茨城方面の音で夜には東北方面の音と途切れる音になっていました。
今日、9日朝はピーーーの関東近場の連続音(横浜から100km圏内くらいが動く前の音。千葉なんかもそうです。)
その後はまったく気にならなかったのですがさきほど22時頃から左耳の方に強く音が聞こえてきていて(左耳は音の質の聞き分けが苦手なので上に書いているように大雑把にしかわかりません。)
この体感メモを書く前に前回更新分に追記をしているうちにまた音が変わって今は右耳の方の音が強くなっています。
音が次々入れ替わってるのでまた昨日のようにあちこちそれなりに揺れるってことでしょうか…
こうなってくるとどこが動くのか見当つきませんし、わけがわかりません。お手上げ。

昨年からさんざん気にしていた伊豆・小笠原諸島の辺りも1日にM7.0があったきり
これといった動きがないのが逆に意味深で。
(でもそれなりに音はしていたので表面化していないだけで海底でのなんらかの動きは起こっているものと思いますが…)

サインは夕方頃に左手首、つい先ほど右親指、今右手首に感じました。




-----------------------
【11日 12:46】
その後の動きは
2012/01/11 03:37(UTC 01/10 18:37) インドネシア 北スマトラ海岸沖 深さ29km M7.3

体感メモ 2012/01/07 (01/09追記 サンタクルーズ諸島 M6.6 )

【07日 01:11】
一昨日も体感強めでしたが
昨日も強い状態は続いていて
午前中に左耳にやや長めの単発耳鳴りがあり、
15:30過ぎには弱い鼓膜の振動がありました。
圧の強さなどからM5クラスはあるかな…と思ったのですが
今朝(あ、もう0時を過ぎたので昨日になりますね…)起きがけになんとなく聞いていた右耳の音が東北方面ともう一つ途切れの入った沖っぽい音(伊豆・小笠原諸島方面かな…)だったのと
午前に右手首のサインがありましたので南方、遠方、沖だとすれば
無感かもしれないし更新するまでもないかもと流していました。

ところが、さきほど0時過ぎくらいから強めのブルブルとした鼓膜の振動が始まり
かなり気になりながらも時間も時間なのでもう休もうか…とベッドに入り
なにげに壁掛け時計を見たら不受信のまま止まっていたので
これは念のため書いておいたほうがよいかなと思ってまた起きてきました。

ここ数日の空の画像もこれは…と思うものがあったので
ついでに今アップしてしまいたいところではありますが
ダメです。もう起きていられません…
断念して今日は寝ます。
おやすみなさい。

あ、それから、日が経っているのでもうそれらしい出来事が起こっているかもですが
4日にまたひとりでに涙がありました。
最近頻繁な気がするけど・・
ただ私の涙腺がおかしいだけだったりして。



------------------------------------------
【09日 23:49追記】
上記の体感と関係があったと思われるその後の動きは
2012/01/09 07:13 岩手県沖 深さ50km M5.0 震度3
2012/01/09 13:07(UTC 04:07)サンタクルーズ諸島 深さ38km M6.6

なお、4日の「ひとりでに涙」については

フィリピンミンダナオ 地滑りで25人死亡 150人行方不明(01/05未明発生)
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2848866/8253060

ブラジル南東部で豪雨災害 8人死亡 2州の1万5000人以上が避難(01/05発生)
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2849294/8265022

体感メモ 2012/01/01 (01/09追記)

【01日 20:47】
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

年末から慌しく落ち着いてPCに向かう時間もないままに過ぎていましたが
ここへきてようやく一段落しました。

今日14:28に鳥島近海M7.0の強い動きがありましたが
体感としては30日夜と今日午前10時過ぎから耳が痛いのを通り越して頭まで痛くなるような強烈な圧と動悸があったのと
今日11:50頃から強い動きの前にある鼓膜の振動が1時間ほど続いていたこと
今朝起き掛けに音が両耳に大きく聞こえていたことなどから強い動きがあるのではと感じていました。
ただ、右耳の音に途切れが入っていたのでもっと遠方での動きではないかと思っていました。

それはそうとして・・・

続きを読む »