体感メモ 2015/02/24と今日のソラ (02/27追記)

2015/02/24 15:28 福岡
2015/02/24 15:28 福岡

2015/02/24 16:46 福岡
2015/02/24 16:46 福岡

【24日20:05】
15時過ぎに右手首への強めのサインがありました。
しばらく続いていたので気になります。

周りの生活音で音の細かな質まではわかりませんが今両耳に音が聞こえてきています。
ちなみに私が聞いているこの音↑というのはどうやら低周波のようです。
(過去の記事 低周波が人体に与える影響

今日も三陸沖でM5.9の動きがありましたが圧の強さなどからもまだ強めの動きは続きそうです。

【24日 20:18】
右人差し指にサインあり。


------------------------------
【27日 01:00追記】
その後のおもな動き
2015/02/25 16:01 八丈島南東沖 深さ9km M5.9
2015/02/25 19:32 三陸沖 深さ10km M4.9
2015/02/26 10:11 宮城県沖 深さ50km M4.9 震度

なお、右手首のサインは南方・遠方を表し
該当範囲では上記八丈島南東沖M5.9の地震がありましたが
これについては23日にあった右手首のサインの結果のようですのでさらに今後の動きをみようと思っています。

右人差し指は中部・北陸を表し、右人差し指のサインの該当範囲での動きもあるにはありましたが
2015/02/26 00:38 長野県北部 深さ10km M2.2
2015/02/26 01:22 長野県北部 深さごく浅い M1.7
2015/02/26 06:02 長野県北部 深さ10km M1.4
とかなり規模の小さなものでした。
ただ、先日2月23日の体感メモに記していますが
起きがけに北陸の辺りが黄色~オレンジ色に反応している強震モニタのビジョンが見えたのでこの辺りも気になっています。

あと、気になったニュース
西之島の噴火続く 面積11倍超に(2月24日 17:29 NHKニュース)
小笠原諸島の父島の西、およそ130キロにある西之島は、おととし11月に島の南東側の海底で噴火活動が始まり、その後、新しくできた陸地が元の島と陸続きになって拡大が続いています。
23日に海上保安庁が航空機で上空から観測したところ、1分間に5、6回程度、火口から噴石を噴き上げ、噴煙はおよそ1200メートルの高さまで上がるなど、活発な噴火活動が続いていることが確認されました。


活発な噴火活動で誕生時の245倍の大きさに成長しているということです。