スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体感メモ 2015/03/02 (03/06追記 03/03チリ ビジャリカ山 15年ぶり大噴火)

【3月2日 02:13】
28日15時過ぎから圧が結構強くなっていたので直前波かと思いきや
その後それに見合うような動きもなく過ぎ、
1日朝にはかなり圧が弱まっていてある意味拍子抜けの感じさえしていましたが
午前のうちに急激に強まりまた11時にダウン。
その後も圧は強弱を続けていて
時折「直前波か?」と思うような強まりがありますが
さほど継続せず低下してはまた強まるを繰り返しています。
押しては引く波のよう…まるで陣痛のようです。
動きそうなのに動かなくて燻っている感じ。
規模が大きいのかな…
2006年、2007年の千島列島M8クラスの前の体感にもよく似ています。
動くまでにまだ少し時間がかかるのかもしれません。
過去何度かあったようにスロースリップなどで解放してくれるとよいのですが…


-------------------------------
【3月6日 15:43追記】
その後のおもな動き
ビジャリカ山が大噴火 チリで3000人以上避難

15年ぶりの大噴火だそうです。
陣痛様の強烈圧の正体はこれだったようで…(やっと産まれた感じ)
やはり火山噴火はものすごくパワーがありますね。。。
体感からは地震とすればM7~8あるのではないかと思うような強さでした。
(いつもながら地震と火山の区別がつかないのがなんとも…ですが…)
これに関するサイン等体感については18日の体感メモに書いていますが
28日11:30頃あった右手首のハッキリめのサインや
大きく聞こえていた火山噴火や強い動きの前にあるシーンというような張った音などでした。

2015/03/04 00:04 岐阜県美濃中西部 深さ40km M4.9 震度
これについては書いていませんが
上の3/2 02:13を更新した後の同日2日の夜左人差し指にあったサインが該当していたようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。