体感メモ 2015/05/30 (06/03,06/06追記)

【30日 01:27】
このところ体感が強くてとにかくダウンしてばかりです。
ダウンするとその分やらなくてはならないことができなくなりどんどん仕事が溜まり…イヤになってきます。

28日は午前3:58(ちゃんと時計を確認しました)に左耳に単発耳鳴りがあり、9時頃~11時頃、17時半頃~18時過ぎの2回ダウン。
29日は9時半頃から11時半(用事があるのでここで無理やり頑張って動きました。それがなければもっと寝ていたと思います。)、14時過ぎ~16時までの2回ダウン。
朝と11時半に起きた時の起き掛けの音が大きかったので「これは・・・」と思い13時頃からブログを更新しようとしましたが座っていられず14時過ぎにはダウンしてしまいました。
20時頃鼓膜の振動もあり。
今日はもう更新あきらめて寝ようと思いましたが2時間ほど前からまたイヤな音(右耳の連続音)が聞こえてきたので思い直して更新しようと
それまでの限定公開記事に追記しているうちに関東で動きがありました。

2015/05/30 01:06 茨城県南部 深さ50km M4.8 震度

動いた後の今もまだ音が聞こえています。

連日のダウン(しかも一日に2回も2日続けて)でまたもや自分の体がおかしいのではないかという思いになりましたが
実際に
2015/05/29 09:59 口永良部島 爆発 火口上9000
2015/05/29 16:00 アラスカ チリコフ島 深さ55km M6.7
と強い動きが起こっているところをみると「やはり体感なんだな…」とあらためて思い直したりして…
今も圧、音ともに強い状態で体感からはまだ強い動きが続きそうです。
そう思うと気持ちが沈みます。。
しばらくまた更新できないかもしれません。



--------------------------------------------
【6月3日 17:16追記】
上記更新から約19時間後に大きな動きがありました。

2012/05/30 20:24 小笠原諸島西方沖 深さ590km M8.5 震度5強
2012/05/31 02:22 硫黄島近海 深さ70km M5.9
2012/05/31 03:49 鳥島近海 深さ10km M6.3

上(5/30体感メモ)を更新した後すぐ就寝時に左目から涙あり。
朝になり9時少し前頃、単発にしては継続時間の長い「チーッ…」というような耳鳴りが左耳にあり
車を運転中だったのですが思わず車の窓を開けて自分の耳鳴りなのか外の音なのかを確認してしまいました。
過去トンガの海底火山が噴火してM8近い規模の地震が起こる前にも同じような長い単発耳鳴りがあったので
「もしかして…」と思いながらも
結局その後また更新する気力なくダウンしてしまい夕方まで横になっていました。
そんなこんなで体感からも「規模が大きいんだろうな…」というのは感じていたのですが
どこかで「海外遠方だろうな…」と思っていたというか、そう思っていたいというのがあったので
緊急地震速報が鳴ったときには「うわっ…おわった…」と正直思いました。

でも、今回は深発地震でたいした被害もなく本当になによりでした。
震源が浅ければ大きな津波は避けられなかったでしょうし、
あえてあのように深いところで起こったのはそれなりの意味ある地震だったからなのですね。
地震はプレートが跳ね上がって起こるのではないということをあらわしたものだった…
遠く離れた関東で強い揺れが観測されたことにも意味があります。(詳しくは言えませんが)
地震にかかわる専門家の方など今回のような揺れかたを「異常震域」という言葉で簡単に片づけようとしていますが
これが意思ある存在のなせる技だということ、人間だけでなくすべてのものに意思があるということを認めない限り
これからもお知らせは続くでしょう。

ここ数年地震情報をマメにみていますが深いところで地震を起こし、
意味ある場所をピンポイントで揺らして知らせていることに気づかされます。

地球を支えている地下や深海のものたちにも感謝。いつもありがとう。

------- 2015/06/03 18:02 限定公開設定を解除しました ---------------


【6月6日 22:50追記】
上記5月30日の体感メモへの6月3日の追記分の中で書いていた
上を更新した後すぐ就寝時に左目から涙あり。
については

中国旅客船転覆 死者331人に 数多くの遺体に救援現場で混乱も
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6162628

ちなみに「左目からの涙」は自分の感情などとは全く無関係のところで
突然左目からだけ涙が流れるときがあり
ほとんどがその2日後までに多くの方が亡くなられるような災害、事件、事故が起こるものです。