体感メモ 2011/07/20

【20日 15:57】
前回更新したのが4日でしたから
更新しなくなってからかれこれ2週間以上たちました。

「更新しなくなったら…」なんて前から半分冗談みたいに言ってましたけど
今回、シャレにならないかも…って思いました。
2011/07/10 09:57 三陸沖 深さ34km M7.3 震度
2011/07/15 21:01 茨城県南部 深さ66km M5.4 震度5弱
ということで、強い動きがありました。

体感はもちろんこの数日前から(というか、連日のように)強烈でしたが、
ある出来事の影響もあってそれをどう伝えてよいかわからなくなっていました。

そのある出来事というのは…

6日、買い物帰りに道を歩いていたときのこと。
突然、入電してきました。(電車じゃなくて、電話でもなくて、電波です。)
「もう終わり…」

(ってか、こういうことを言っている私自身が電波だって気もしないでもないけど。おほほ

で、ハッとして「な、なに!?」と思ったと同時に

「持ち上がる、ひっくり返る」

関東とは言ってないけど、それはまさに関東のイメージ。
「はぁ・・?」

ポカーーン…ですよ。
どう受け止めたらいいのか戸惑いました。
いきなり終わりとか、持ち上がるって言われても…ねぇ。。。

気を取り直して「いや、終わらないから。私はまだまだやりたいことがたくさんあるから。」といったものの
数日前から体感も強かったのでかなり動揺したことは確かでした。

どうしよう…これはとりあえず、ブログに書いたほうがよいかも…
と思ったものの、
逆に書くことがそれを受け入れたことというか、なんというか、認めることにもなるような気がしてきて
そのうち「書くもんか!」という気持ちになりました。
しかもなんで私にそんなこと言ってくるの?脅しですか?と思ったらだんだん腹が立ってきて、ある意味へそを曲げました。
地震から離れようという気持ちになりました。
真剣にブログも閉じようかと思ったくらいです。
(今なら別にそこまでしなくても・・・と自分でも思いますが、とにかくその時は腹が立ってそう思えてなりませんでした。)

そしたら次の日、
2011/07/07 13:03(UTC 04:03) ケルマディック諸島 KERMADEC ISLANDS REGION 深さ20km M7.6
がありました。
結構大きな動きがあったというのにすぐにまた強烈な圧がきて、しかも東北沖の音がめちゃくちゃしていたので
更新しようかどうしようか気持ちがすごく揺れたのですが、
現実逃避でもないですけど目をそらしたいというのもあって
お友達にだけそのことをチャットで伝えてあとはなかったことに…
その翌日朝に三陸沖M7.3があり、ギョッとしましたが
規模の割には被害が少なかったので内心ホッとしました。

で、なるべく地震から離れよう…と意識を向けないようにしていたのですが…
3日前にある夢を見ちゃいました。
相模湾、源頼朝、地下に関係のある夢でした。(内容は詳しくは言えませんが以前書いていたことにも関係してます。)

連日、体感強くて、この近辺から東海あたりの音もしているし、
これはなにかあるなとは思っていたのですが、
先ほどお友達にそのことを話したら
とある地震掲示板に伊豆半島沖で無感地震が頻発していると書かれているのを見たと教えてくれました。
また、関東大震災前にも伊豆半島沖での群発が起こっていたんだとか…
ムムム…

それを聞いてさすがに「(関東)持ち上がる、ひっくり返る」が気になりました。
でも、実は私、これまで地震のことをさんざん追いかけてきたくせに
プレートとかまったく興味がなくて、どこが何プレートとかほとんど知らなくて、というか、知る気もない、(というか、ホントは頭悪くて覚えられない?苦笑)
でも、もしかして、関東の下に何かのプレートが入り込んでるとか、それが持ち上がるとかそういうことなのかしら…?と思って、さっき調べたんですね。

そしたら…
驚きました。

Wikipedia プレート の中に
その他のプレートとして『関東フラグメント』というのがあって(以下転載)

関東フラグメント(Kanto fragment):関東地方の地下にあると推定されているプレートの断片[1][2]。過去に太平洋プレートの上盤がはがれて、そのまま太平洋プレートの上に乗って残存しているものと考えられる。栃木県南部から神奈川県北部までの地域の深さ30〜100km付近に、厚さ25km、100km四方にわたって存在し、関東地方の地表を覆うユーラシアプレートの下で、東から沈み込む太平洋プレートと南から沈み込むフィリピン海プレートの間に挟まっており、現在は両プレートに沈み込まれていると推定される。このプレートとほかのプレートとの境界では、陸の下でありながらプレート間地震が発生するものと見られ、1855年の安政江戸地震はこのタイプで、今後もこのタイプの地震が首都直下地震として発生する可能性がある[3][4]。


ちょっとぉ、持ち上がる、ひっくり返るってのはこのこと?おじさん!…って思いました。

んで、ひと月ぐらい前になるかなぁ…
大きな地震がきた夢を見ました。
時間は夕方?午後4時~6時くらい。
その本震の前、午前中に震度4くらいの前震があったようです。
激震の中、子供のことを案じながら
ガバッと飛び起きたんですけど
かなりリアルな夢でしばらく心臓がバクバクしてました。

その夢から5日後くらいだったでしょうか。
しばらく連絡を取っていなかったお友達から電話が来て
大きな地震の夢を見たと、しかも、横横道路(横浜横須賀道路)が横倒しになっていたということで
互いにびっくりしたことがありましたが…

たかが夢、されど夢。
見えない世界ではそういう計画があるのかもしれませんね…
現実になるのか、どうなのか、私にはわかりませんが、
それらが変更となる可能性も十分にあると思います。
何もかも意思ある存在で思いは必ず通じますから。

また、今回の台風6号の進路はまさにそれを表してくれてたんじゃないかと思います。
当初日本に接近するといわれていた時の進路予想を見て思いませんでしたか?
福島原発や被災地のことを…
だからちゃんとその思いが伝わって方向転換したんだと思います。
(本当はいろいろお知らせしたくて日本にきたと思うんですけど…みんなにやっかい者扱いされてなんだかかわいそうでもあります。なんていったらおかしいと思われるでしょうかね。)

思いがあることは確かで、通じることも確かです。
みんなの思いでこれからの未来が変わるとも信じたいです。

ということで、いろいろチンプンカンプンなこと書いて、
何が言いたいのかさっぱりわからず収集つかなくなってるような気もしないでもないですが…
最近更新が止まっていたわけと私の思いをお伝えしました。

連休中も体感強くてずっと寝たり起きたりでしたし、
今もヒリヒリと耳が痛いほどの強烈な圧を感じていて気持焦りますが…
ここまできたら「全てのものに意思があると認めること」「感謝すること」「思いをつなぐこと」しかないかなと思っています。
地震を追いかけたところでどうにもならないですし。
なので、次の更新はいつになるかわかりません。
気が向くまでしないつもりでいます。
勝手気ままですみません。。。