体感メモ 2011/10/08 と今日の空 と夢の話 (10/11追記)

【08日 22:36】
今日の空の様子です。

2011/10/08 07:33
2011/10/08 07:33 E


2011/10/08 07:34
2011/10/08 07:34 SW


2011/10/08 16:31
2011/10/08 16:31 WN



最近よく夢をみているような気はするのですが、
朝起きるとその内容はほとんど覚えていません…
なのに、今朝の夢はとてもリアルで目を開けたあともはっきりと覚えていました。
内容もちょっと気になるものでしたのでとりあえず記録しておこうかと。

普段は周りの生活音が少なく静かな時にしか音の微妙な質の違いがわからないので
なるべく朝起きがけにまどろみながら音をしばらく聞くようにつとめているのですが、
今朝もいつものように意識が覚めてからしばらく布団の中で音を聞いていました。
右耳には九州~南方、遠方と思われる途切れる音と福島・茨城の音、東北方面の音が聞こえていて
左耳にもシーーーンという響く音が大きく聞こえていたのですが、
いつものことながら左耳は聞き分けが苦手なので「これはどこの音だろう…」と思いながら
布団の中で目を閉じ、ジッとしながらて聞いていました。
そのとき自分では起きていると思っていましたが、まだ脳が眠っていたのでしょうね…
突然目の前にパッとTV画面が見え、そこに「JNN地震速報」というテロップが出ました。
とっさに「あ、今聞いているこの左耳の音の場所かな?音の質から東海辺りかな?」と思い、
その画面をよくみようと目を凝らしました。
そこには「震度5弱 富士○○(富士宮市?)」とあり、そのすぐ横に「今後の情報には十分ご注意ください。政府重要警戒情報 第○○号(数字は忘れました。)」と書いてありました。
なぜかそこに気象庁などではなく「政府」の文字があったので(実際にはこういうのはないとは思いますが…)これはただ事ではないなというのと同時に
第○○号というところから既にもう何回か同じ場所で動きが続いていたってことか…と思い
「あぁ…もしや火山性微動!?とうとう富士山が動き出した!」とハッとして目を開けました。
なんか、妙にリアルな夢で…
時計をみたら6:28でした。

火山噴火といえば、今これを書いていて思いだしました。
2004年のことです。
浅間山噴火の数か月前から地鳴りのような音がしていることに気付きました。
その音は日に日に大きくなっていき自分には確かにその音が恐怖を感じるくらい大きな音で聞こえているのに他の人にはまったく聞こえていないようで
外にいても誰もその音を気にするようなそぶりもなく周りの人はみな普通に過ごしていました。
小さな子を公園で遊ばせている人などをみて「こんなに大きな音なのに怖くないのだろうか…」と不思議でたまりませんでした。
その音のことを家族や友人に話しましたがほとんどの人にはわかってもらえず、気付いていたのは家族のうちの1人と友人1人だけでした。
その頃はとにかく体感も強烈で、いったい何が起こるのだろうかと思っていましたが
インスピレーションとでもいうのでしょうか、「あちこちの火山が噴火して大きな地震が相次ぎ日本が2つになる」という思いがなぜか頭から離れず
その後9月1日に浅間山噴火が起こり、翌月に新潟中越地震が起こり、
その直感のようなものが現実になっていくような気がして「何か私にできることはないか」と焦る気持ちでとにかくいっぱいでした。

そんな頃とてもリアルな大津波の夢を見ました。
ここからは夢の話です。

どこかの海岸沿いの少し高台にあるオーシャンビューのホテル4階の一室から私は海をみていました。
そこに激しい揺れがあり、しばらくして水平線のずうっと遠くから海が盛り上がってものすごいスピードでこちらに向かってくるのが見えました。
「あ!津波がきた!」
どうしていいかわからずかなり焦りましたが、「ここはちょっとした高台なので大丈夫かも…」とそのまま津波が近づくのをどうすることもできずみていました。
間もなく津波は自分のいた部屋のすぐ下の階に打ちつけました。
「あぁ…よかった…助かった…」
そう思ったのもつかの間、その波よりももっと大きな波がすごい勢いですぐそこまで迫ってきているのが見え
とっさに「あ、これはのまれる…」と思いました。
とにかく部屋の中の高いところに上るしかないと慌ててクローゼットの上によじ登ろうとしたところに波が窓ガラスを突き破りドーーッと渦のように部屋に流れ込んであっという間に天井まで水でいっぱいになり私は呑まれてしまいました。
「あぁ、家族はみんな無事なのだろうか…」と思いながら…

夢から覚めたとき夢でよかったと心から思いました。
あまりにリアルで起きてからもしばらく心臓がバクバクしていました。
その時は津波といえば東海地震で、地震のことをあれこれ気にしていたからそのような夢をみてしまったのだろうと思っていたのですが
今年の東日本大震災でのあの津波が迫る映像をみて自分が数年前に夢で見たのとまるで同じだと愕然としました。

たかが夢、されど夢…
大津波の夢から7年後にそれが現実になり…
そして今日は富士山噴火にかかわるような夢。
また数年後にでもそのようになってしまうということなのでしょうか…

それと、1週間ほど前に誰かが夢の中で「大塩平八郎が知っている」と言ってました。
何を知っているのか…
ってか、なんでいま大塩平八郎?
これは何のことやらさっぱりわかりませんが…(苦笑)

なんか縁起でもない夢の話で長くなっちゃいましたね。

あ、昨日の夜感じていた強烈圧ですが、
その後一時間もしないで弱まりました。(お騒がせみたいでごめんなさい…)
で、なかなかすぐに寝付けずにうだうだしていたら
今日(8日)に日付が変わって午前1時6分頃に電波時計が不受信であることに気付きました。
その後はまた受信していたようで今朝には変わりなく動いていました。

圧の方は今日15時頃から一度強まり強烈になりましたが
これも長続きせず1時間くらいで弱まりました。
これまた弱まったから単純にいいというわけではなくて
強い圧がありながらそれに見合った動きがすぐ起こらないことの方が困りもので
しつこく強弱を繰り返してダラダラと続くのが規模が大きい時のパターンのようですので
今後も注視していきたいと思っています。



-------------------------------------
【11日 14:47追記】
その後の動きです。
2011/10/09 02:20 熊本県熊本地方 深さ10km M3.0 震度3
2011/10/09 16:18 大阪府南部 深さ10km M3.9 震度3
2011/10/10 03:00 山梨県東部・富士五湖 深さ10km M3.3 震度3
2011/10/10 11:46 福島県沖 深さ50km M5.6 震度

熊本、大阪、山梨いずれもM3クラスと規模は小さいですが深さが10キロと浅く震度3でした。
富士山が動き出したという夢をみたばかりだったので富士五湖の有感地震にはちょっとドキッとしました。

7日夜から感じていた強烈圧は福島県沖M5.6だったようです。
思っていたより規模が小さく約62時間後の発生でした。



【2012年1月29日 11:45追記】
上の富士山の夢につながるようなニュースが昨日ありました。

山梨の地震で情報連絡室=政府(2012/01/28 08:15配信)