体感メモ 2012/01/11 (01/12追記 福島県沖 M5.8)

【11日 18:28】
一昨日、9日の更新で強い音の音質がコロコロと変化していることをメモしていました。
以前から強い震源があるときはそれに刺激されるようにあちこちの音が大きく聞こえる傾向にあるのですが
今日日本時間の午前3時37分にスマトラ北部海岸付近でM7.3の動きがありましたのでその影響だったようです。
また、昨日は午前9時頃から鼓膜の振動がありお昼前頃までダウンしました。
9日就寝前と10日起床時に途切れる音が大きく聞こえていたことや9日の右手首のサインがはっきりしていたことなどから南方、遠方での動きかな…と。

で、気になるのは昨日に比べるとやや軽いですが今日も午前11時頃から1時間ほどダウンしたことです。
そして、昨日メインで聞こえていた途切れる音とはまた違う音が今日はメインになっています。
昨日に引き続き今日もまた頻繁に音が変化しています。
その中でも気になっているのが伊豆・小笠原諸島方面と関東以西と思われる音ですが、
その他に関東圏と思われる連続音、南方・遠方と思われる途切れる音、長野・新潟と思われるような音といろいろ入れ替わっています。
そして圧の強弱の波が激しい感じもあります。
やっぱりどこが動くのか見当つかない状態ですが
動悸も出てきていて強めの動きが近々またありそうな気配です。

現在までに感じたサインは左薬指と右手首です。


----------------------------
【12日 14:33追記】
その後の動きは
2012/01/12 12:20 福島県沖 深さ20km M5.8 震度

音が頻繁に変化しているときは震源の特定が難しいというのを改めて感じます。
上に書いてあるように昨日左薬指(東北を表す)のサインはかろうじてあっていたようですが…